2019年05月23日

展示会のご案内

中村オートパーツ様主催
機械工具フェア2019
1558607996545.jpg

いよいよ今週末 開催️

大特価にて、ご提供致します️。
ぜひ、スタッフへご相談くださいウインク

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
FB_IMG_1558618373112.jpg
タグ:展示会
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会

『スチレンフリーパテでの剥離対策について』

お客様より、ご質問を頂きましたので・・・(@_@)
あくまでも、剥離対策に対する弊社の考えです。

過去の経験や結果より、剥離や割れの原因と対策をまとめてみました。
スチレン入りパテでも共通と考えます。

●早く乾燥させようと、乾燥温度を急激に上げてしまい、パテの内部残留応力が高くなり、密着性を下げてしまう。
●厚盛りすることにより、パテの内部温度を上がるとともに、体積変化が大きくなり残留応力が残る。
これにより、収縮時に内部ひずみの大きくなり,剥がれやクラックが発生しやすい。

対策
パテの温度を、緩やかに上げることにより、内部応力の発生を低く抑えられ、密着性を上げることが可能と考えます。
タグ:お問合せ
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様からのお問い合わせ

2019年05月22日

弊社パテも収縮する!???????

<<パテ硬化時の収縮について>>
弊社担当者:
 弊社パテも収縮しますわからん!!

お客様:
 え~ぷー(かわいく怒)!!収縮しないって言ってるよね~顔2(おこったカオ)

弊社担当者:
 怒らないで下さいね青ざめ
 お話を最後まで聞いて下さいませ平謝り‍♂️
 ●30秒で完全硬化後は、収縮や歪みが発生しにくいです。
 ●もちろん、2液型パテも完全硬化後は、収縮や歪みが発生しにくいです。

お客様:
 へぇ~ そうなんだ!!
 それで・・・それで・・・

弊社担当者:
 問題は、どの作業の時点で、収縮が終わる!!かが重要です。
 図をご覧下さい。
 @乾燥から硬化までの間には、サフェーサー塗布や塗料を塗布します。
 Aこの間に、パテが収縮すると、パテキワが出たり、足付けの目が現れたり、はたまた塗装が暴れたりします。

弊社パテは、完全硬化後に、サフェーサー塗布や塗料を塗布しますので、その後のひずみやヒケが発生しにくいです。
また、シンナー等の吸い込みが無いため、塗装が暴れることがありません。
無題1.png
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月21日

『ぬれ』について

最近、ガスプライマーについてのご質問が増えてきました。
そこで、ぬれについて、とても簡単に説明します。

塗料が油やシリコーン等に密着しにくい原因はここにあります。
いわゆる『はじき』ですね。
『ぬれ』は、●線接触や●点接触していた塗料等を、★面接触させることができ、より良い密着が得られます。
お粗末なイラストでありますが、画像のイメージを参考にして頂ければ、幸いです。
図面1.png

ガスプライマー等は、こういう場面に有効的に使用できます。
※注意:
ガスプライマーはナノ粒子のため、塗料の下地に足付け処理が必要なものは、必ず足付け後に、ガスプライマーを吹き付けてください。

posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年05月20日

光硬化パテ導入に関する考察が発表されました!

日本自動車車体補修協会(JARWA)より、
光硬化パテ導入に関する考察が発表されました!

ぜひ、ご覧ください。

ここをクリック!!
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記