2018年09月27日

『ヘッドライト磨きについて』

400~1200まで空研ぎで磨いて、ポリッシャーまでかけたのに、塗装(溶剤入り)したら細かいクラックが入ってしまった!というお話をよく耳にします。

この要因の一つとして、
   『研磨熱』
があります。
熱をかけ過ぎたことでポリカーボネートに歪を作ってしまったり、最悪の場合溶かしてしまったことが原因です。
一度溶かしてしまったところは、どんなにきれい修正しても、かなりの確率でソルベントクラックがはいります。
目には見えない歪でも、クラックは入り易くなります。

対策としては、磨きの最初から最後まで
   『水研ぎ』
することをお勧めします。
水により冷却しつつ、粉だまりによる深い傷が入ることを防ぐためです。

ぜひ、お試しください。

実例動画 第二弾 UVパテからUVサフまで

動画を見て、ご関心頂けましたら幸いです晴れ
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいグッド(上向き矢印)

UVパテ編はこちら
UVサフ編はこちら
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UV硬化型パテ Glanz

実例動画1  Bパテ研ぎ・歪確認編

従来のパテと同等の研ぎ性。ペーパーの種類によっては従来のパテよりも良く研げます。
また、照明やリフレクターボードを使用することにより、サフ工程前に歪の確認ができます。
動画はこちら
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UV硬化型パテ Glanz

実例動画1  Aパテ付け・UV硬化編

紫外線でのみ硬化するため、しごき時間を気にすることなく、パテで形を作ることに集中でき、研磨時間を短縮する盛り方が可能!
動画はこちら

**************************************************************
弊社UV硬化パテは
@無溶剤のため、塗料等の下地を侵すことがありません。特化則対応!!
A硬化時間は、雰囲気温度に左右されず、ほぼ一定の30秒で完全硬化(20cm×20cmあたり)
B硬化後は、シンナー等の溶剤や水等の吸い込みがありません。
C2液型パテが完全硬化するには1~2週間かかります。
 また、乾燥時の溶剤の残りがあると、必ずヒケが発生しますが、弊社UVパテGlanzは30秒で完全硬化し、溶剤を一切使用していないため、硬化後のヒケが発生しません。
D研磨性は、従来のパテと同等。
 ペーパーの種類によっては、従来のパテよりも良く研げます。

E硬化剤を使用せず、紫外線でのみ硬化するため、ポットライフが長く、しごき時間を気にする必要がありません。
**************************************************************
【弊社ユーザー様の声】
・月の生産台数が、2液型パテ使用時より20%以上のアップ
・残業時間の削減ができた
・電気代の削減ができた
などなど、多数のお言葉を頂いております。
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UV硬化型パテ Glanz

実例動画 1  @足付け編

実際の現場で弊社パテがどのように使われているものなのか?
お客様にご協力頂き、実際のパテの使用方法をアップにしました。
ご購入前のお客様、すでに使用頂いているお客様の参考になれば幸いです。

実例1  @足付け編
足付けの番手は、120番が一番良好です。
動画はこちら YouTube
posted by ULTRAVIOLET at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UV硬化型パテ Glanz